参加校の応募動画を公開しました。夜の市のページを公開しました。
見学については随時募集しています!お問い合わせください。


第4回全国高校生SBP交流フェア

第4回全国高校生
SBP交流フェア
~学生の学生による学生のための祭典~

開催日: 2019年8月23日(金)
~ 8月24日(土)
会場: 皇學館大學、しんみち商店街、
高校生レストラン「まごの店」
※日付は確定、会場は予定です


応募から参加までの流れ・スケジュール

1.公募開始2019年3月11日(月)
2.応募締切2019年5月10日(金)
3.書類選考2019年5月13日(月)~5月31日(金)
4.選考結果通知2019年6月初旬
5.発表資料提出2019年8月9日(金)
6.交流フェア2019年8月23日(金)~8月24日(土)

全国高校生SBP交流フェアについて

 全国高校生SBP交流フェアとは、全国の高校生が地域の課題を解決するためにビジネスの手法等を学びながら “取り組んだことを発表” し、“開発した商品を紹介・販売” をしながら交流し、互いに評価しながら向上していくことを目的に行う交流事業です。
 当行事に参加した高校生らが更に郷土愛を育み、更に地域を盛り上げる活動を展開するきっかけになるとともに、SBPに取り組みたいと考えている方々に希望をもってもらえる祭典・交流フェアになるよう企画しています。
※SBPの“S” には、英語で「Social」「School」「Student」「Smile」「Sun」「Super」「Soul」「Sustainable」「Skincare」「Seed」「Sweets」「Special」「Surprise」など、未来に続く素晴らしい言葉があります。

  • 料理に取り組む日本全国の高校生が、本フェアの開催期間中に高校生レストラン「まごの店」や相可高校に移動して、同校食物調理科調理クラブとの料理交流を行います。
    calendar深め、ホスピタリティーあふれる人として成長する機会になることも大きな目的の一つです。
  • 色々な取り組みを進める高校生同士が集まり、交流を深めて視野を広げます。地域における貢献度など、互いを評価して進化していくことを目的にしており、商品や取り組みの完成度等を評価します。
    全参加団体(オーラルセッション(口頭)、ポスターセッション(掲示))の取組に対し、『極』、『輝』、『雅』の講評を行います。そのうえで、最も点数の高かった団体に文部科学大臣賞、次点に三重県知事賞を授与します。

●主催・共催他

後援・協力については2018年 第3回全国高校生SBP交流フェアのものを記載しています。

主催
未来の大人応援プロジェクト実行委員会


岸川 政之 一般社団法人 未来の大人応援プロジェクト 代表理事
皇學館大学現代日本社会学部教授
百五銀行地域創生部 顧問



中野 拓治 琉球大学農学部教授
(放送大学客員教授)

森山 隆弘 三重県立相可高等学校 校長

伊藤 隆之 三重県立南伊勢高等学校 校長

河北 冠 三重県立松阪商業高等学校 校長

新田 均 皇學館大学 
現代日本社会学部 学部長

徳田 嘉美 三重県教育委員会 高校教育課課長
共催
文部科学省
後援
以下の後援については申請予定です
内閣府(地方創生推進事務局)、総務省、農林水産省、厚生労働省、経済産業省、観光庁、三重県、三重県教育委員会、三重県伊勢市、三重県多気町、三重県南伊勢町、伊勢商工会議所、皇學館大学、伊勢度会ロータリークラブ、伊勢銀座新道商店街振興組合
協力
株式会社赤福、アドビ システムズ 株式会社、株式会社アンシャンテ、有限会社壹貮参、NT GROUP、株式会社NTT ドコモ、株式会社O.R. コーポレーション、株式会社ゲイト、公益財団法人修養団、株式会社チェンジ、株式会社デンソープレステック、国立大学法人東京学芸大学、株式会社豊田自動織機、株式会社百五銀行、株式会社百五総合研究所、華為技術日本株式会社、富士ゼロックス三重株式会社、株式会社プラトンホテル、株式会社ベネッセコーポレーション、三菱商事株式会社、株式会社レオパレス21